HOME > 企業情報 > 企業活動と医療機関等の透明性に関する指針

企業活動と医療機関等の透明性に関する指針

序文

株式会社日本点眼薬研究所は、医療機関並びに医療関係者の皆様のご協力をいただき、企業活動と医療機関等の関係の透明性・信頼性向上に努めます。
高い倫理性が求められる生命関連企業の一員としてより透明性の高い企業活動を遂行するために、日本製薬工業協会の「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」に従い、当社の指針を定め医療機関等への資金提供に関する情報を公開します。

公開方法

当社ウェブサイトにて公開します。
透明性ガイドライン公開情報 2015年度

公開時期

各年度分実績を翌年度に公開します。

公開対象

当社が公開する医療機関等(※1)への資金提供に関する情報は、以下の区分で公開します。

A.研究開発費

当社が医療機関と共同または委託して行う研究・開発に関して医療機関等に支払う費用(GCP省令、GPSP省令、GVP省令などの公的規制のもとで実施される臨床試験、製造販売後臨床試験、副作用・感染症症例報告、製造販売後調査等の費用を含む)

  • ① 共同研究費(年間の総額)
  • ② 委託研究費(年間の総額)
  • ③ 臨床試験費(年間の総額)
  • ④ 製造販売後臨床試験費(年間の総額)
  • ⑤ 副作用・感染症症例報告費(年間の総額)
  • ⑥ 製造販売後調査費(年間の総額)
B.学術研究助成費

当社が医療機関等に提供する寄付金等

  • ① 奨学寄付金(医療機関ごと、年間の件数と総額)
  • ② 一般寄付金(医療機関ごと、年間の件数と総額)
  • ③ 学会寄付金(学会ごとの金額)
  • ④ 学会共催費(学会ごとの金額)
C.原稿執筆料等

当社が医療機関等に依頼する講演、原稿執筆、コンサルティング等に関して医療機関等に支払う費用

  • ① 講師謝金(医療機関ごと(※2)、年間の件数と総額)
  • ② 原稿執筆料・監修料(医療機関ごと(※2)、年間の件数と総額)
  • ③ コンサルティング等業務委託費(医療機関ごと(※2)、年間の件数と総額)

注)医療従事者個人への支払いの場合は、業務委託契約時に予めご本人に了解を頂く手続きを取る。

D.情報提供関連費

医療機関等に対して自社医薬品・医学・薬学に関する情報を提供するための講演会・説明会等の費用

  • ① 講演会費(年間の件数・総額)
  • ② 説明会費(年間の件数・総額)
  • ③ 医学・薬学関連文献等提供費(年間の総額)
E.その他の費用

医療機関等に対する社会的儀礼としての接遇等の費用

  • ① 遇等費用(年間の総額)

以上

※1 :「 医療機関等」とは以下を示す。
① 病院、診療所、介護老人保健施設、薬局その他医療を行う機関および医療関連研究機関等
② 学会、研究会、財団その他医療関係団体
③ 医師、歯科医師、薬剤師、看護師、その他医療従事者
※2 :「 医療機関ごと」とは以下の意味も含める。
支払先が医療従事者個人の場合は医療従事者ごとをいう。