HOME > 企業情報 > コンプライアンスポリシー

コンプライアンスポリシー

1.はじめに

株式会社日本点眼薬研究所および関係子会社(以下、併せて「当社」といいます。)は、基本理念「すこやかな視界への挑戦」および経営理念「人々の生活に欠かせない目の健康を保つため、目にやさしい点眼薬づくりを追及する」を達成するため、経営陣および社員一人ひとりが率先して企業倫理や法令遵守に取組み、コンプライアンスを日常の企業活動の中で着実に実践します。
そのため、以下のとおりコンプライアンスポリシーを表明します。

2.コンプライアンス

当社におけるコンプライアンスは、研究開発・製造・販売などの事業活動を通じて適用される法令・条例・通達・規則等、公正競争規約(医療用医薬品製造販売業公正取引協議会)およびGE薬協コード・オブ・プラクティス(日本ジェネリック製薬協会)等の業界自主規範(以下、併せて「法令等」といいます。)を遵守することにとどまらず、法令等が定めているところの背景や目的を理解し、高い倫理観をもって行動することにより、より透明性のある健全な企業活動を行うことを目的とします。

コンプライアンス概念図

3.当社におけるコンプライアンスのあり方

  • (1) 当社は、企業の存続にかかわるような不祥事を未然に防止するため、コンプライアンスの重要性を強く認識し、法令等を遵守します。
    そのため、経営陣および社員の一人ひとりが高い倫理観をもってコンプライアンスに取組むとともに、常に行動意識として定着させ、コンプライアンス違反や企業倫理違反によって製薬企業としての社会的な信頼を損なうような行動をとりません。
  • (2) 当社は、基本理念および経営理念の精神に則り、データ捏造やデータ隠しなどのコンプライアンスに違反するような不正な行為を一切行いません。
  • (3) 万一、コンプライアンス違反や倫理的違反が発生した場合は、コンプライアンス委員会で対策を審議し、問題の解決をはかり、拡大防止や再発防止に努めます。

4.コンプライアンスポリシー

当社のコンプライアンスポリシーとして、基本二要素と基本二要素を支える六要件を定めます。
第一の基本要素「法令遵守と高い倫理観に裏付けられた企業活動」は、第二の基本要素「社員一人ひとりの行動」によって達成されます。
言い換えれば、「社員一人ひとりの行動」が伴わなければ、「法令遵守と高い倫理観に裏付けられた企業活動」は成し遂げられません。
この二つの基本要素は、ともに表裏一体の関係を成しています。
また、六つの要件は、基本二要素を支える土台的役割を果たしています。
この土台の一つでも欠落すると、基本二要素はたちまち崩壊してしまいます。

(1) 基本二要素
① 第一の基本要素

「法令遵守と高い倫理観に裏付けられた企業活動」

当社は、社会から高度な倫理感が求められる製薬企業として、確固とした企業倫理を確立し、実践します。
点眼薬づくりにおいて、企業活動に適用される法令等を遵守するだけでなく、高い倫理観によって裏付けられた安全で安心な点眼薬を提供し、もって、国民の健康と福祉の向上に貢献するという使命を果たします。

② 第二の基本要素

「社員一人ひとりの行動」

企業を動かしている要素が社員一人ひとりである以上、企業倫理の実践において最後に問題となるのが“社員一人ひとりの倫理観”です。
個々の職場において、一人ひとりが倫理的に正しい判断をすれば、倫理観に裏付けられた企業活動は達成されます。
当社の社員一人ひとりは、常に高い倫理観をもって行動し、企業倫理の向上に努めます。

(2) 基本二要素を支える六つの要件
① 顧客視点(会社方針より)

患者さま、医療関係者様※の立場で物事を考えます。
点眼薬は人々の目の健康維持ばかりでなく、人々のQOLにも大きく寄与しています。
患者さまは、有効な点眼薬を頼りにしています。
また、直接目に点眼することから、品質に問題がなく、安全であることを信じています。
当社が患者さまや医療関係者様に「信頼」される存在であり続けるためには、安全な点眼薬を安定的かつ継続的に供給するこが大切です。
当社は、健全な事業活動を通じて、患者さま・医療関係者様に与える影響に十分配慮し、適切に行動します。

  • ※「医療関係者様」とは、以下を示します。
    • ① 病院、診療所、介護老人保健施設、薬局その他医療を行う機関および医療関連研究機関
    • ② 学会、研究会、財団その他医療関係団体
    • ③ 医師、歯科医師、薬剤師、看護師、その他医療従事者
    • ④ 医薬品卸売会社、医薬品販売会社
② 人材重視(会社方針より)

社員の自立的な行動を、会社の活性化・成長の原動力にします。
社員は、最も大切な財産です。社員の志を大切にし、社員一人ひとりが自分の力を最大限に発揮できる環境を整えます。
また、社員も、各々のコミュニケーションを活発に行い、公平で率直に何でも話し合えるより良いチームワークを構築し、高い次元で日頃の業務に取組まなければなりません。

③ 品質優先(会社方針より)

患者さま、医療関係者様の観点を踏まえ、こだわりをもって製品を開発します。
点眼薬の有効性と安全性を確保するため、事業活動のすべての段階において法令に定める基準を満たし、患者さまに信頼される点眼薬づくりを目指します。
患者さま、医療関係者様への安全に関する説明や情報提供は、正確で、理解しやすく、見やすいものを目指します。
そのため、すべての社員がそれぞれの才能やスキルを活かし、患者さまに最高の商品やサービスを提供することに貢献できる企業風土の醸成に取組みます。
また、高齢な患者さまにも十分に配慮した使いやすさを追求し、製品企画・設計を行います。

④ 法令遵守(会社方針より)

人々の生命や健康の安全に大きくかかわるという医薬品の性格から、安全性や有効性を確保するため、適用されるすべての法令等を遵守します。
また、企業活動においては、単に法令等の遵守にとどまらず、法令等が定めているところの背景や目的を理解して行動することにより、社会的責任を継続的に果たすところまでを含めて行動します。

⑤ 公平な取引・競争

当社は、加盟する日本ジェネリック製薬協会が策定した「GE薬協コード・オブ・プラクティス」の業界自主規範に従い、品質の優れた医薬品を安定的かつ継続的に供給します。
その取引にあたっては、公的医療保険制度下の取引であることを考慮し、他産業以上に高い倫理性・透明性が確保された関係であることが求められていることから、お取引先との関係は、独占禁止法等の関連法規および業界自主規範を遵守した公正な取引関係を維持します。

⑥ 経営陣によるコーポレート・ガバナンス

当社の経営陣は、企業の不正行為の防止と競争力・収益力の向上を総合的にとらえ、長期的な企業価値の増大に向けた企業経営の仕組みとしてコーポレート・ガバナンスに取組み、意識の向上を図ります。
コーポレート・ガバナンスについては、別に示します。

コンプライアンスポリシー概念図

コーポレート・ガバナンス