HOME > 私たちの取り組み > PFデラミ容器®開発秘話

PFデラミ容器®開発秘話

『目にやさしい点眼薬』

私たちの答えは「防腐剤無添加」
点眼薬を使用する患者さまの、防腐剤による目への負担を少しでも減らしたい。という思いから『PFデラミ容器®』は生まれました。

PFデラミ容器®について

商標登録:PFデラミ容器 特許技術としても登録されています。

沿革

1995年

きっかけはデラミ容器との出会い

多くの点眼薬には、使用中の二次汚染を防止するための防腐剤が含まれています。しかし、患者さまの中には、この防腐剤によるアレルギー反応や、角膜に損傷をきたすといった症状に悩まされる方もいらっしゃいます。点眼剤中の防腐剤による角膜上皮障害について
(あたらしい眼科1991 8(10)1599-1603)
ベンザルコニウム塩化物の低減化という課題が提示された。

一部のメーカーは防腐剤を含まない点眼薬を発売していましたが、一回使い捨てタイプにする以外に方法はなく、繰り返し使える多回点眼薬としての販売は見送られていました。

そこで、かねてより防腐剤による弊害を問題視していた当社は、1995年にフィルター付き多回点眼薬 フィルター付き多回点眼容器(ABAK容器)を
使用した製剤(チマバック®点眼液)
日本で初めて2000年より発売輸入販売しました。これで問題は解決されたかと思われましたが、容器サイズが大きく扱いにくい、滴下コントロールが難しいという弱点があったため、患者さまに最適な点眼薬とは言えませんでした。

海外製品に頼るのではなく、自ら患者さま視点に立ちフィルター付きの容器を開発しようという機運が盛り上がり、検討が始まりました。デラミ容器(二層ボトル)に出会ったのはそのときです。フィルター付き点眼薬の新しい道が切り開けると考え、容器メーカーとの共同開発に向けて走り出しました。

開発の壁

二層ボトルの内袋は外気を取り込まないために、点眼毎にしぼみます。内袋と外層の間に空気を取り入れなければ使用の度に外層が変形してしまうのです。その対処法として、外層の目立たない位置に小さな穴をあけました。二重容器のため、点眼の際は、通気孔を押さえ、内袋外層間の空気をとおして内袋に力を伝える必要があります。
試作時は通気孔をボトルネック部に設け内袋の撓みを用い穴を抑える機能の確立を試みていました。
しかし、いざ使ってみると、空気の流れが悪く、内容液をスムーズに滴下することができないことがわかりました。これは、点眼容器として致命的な欠陥でした。

発想と技術

新たな発想と容器メーカーが持つ
技術の融合

ある時、一人の研究員が「思い切って胴体のまんなかに穴をあけてみてはどうでしょうか」と提案しました。点眼するときにその穴を押さえれば問題はないはず、と言うのです。

取引先である容器メーカーからは「容器の側面に穴をあけるなんて間違っている。そんな発想はしない」と反論がありましたが、担当者を説得し、容器メーカーの技術を駆使して胴体の中央に穴をあけました。結果は良好。今までにない斬新な容器ができあがりました。当社の発想力と容器メーカーの技術力が実を結び、この問題を乗り越えることができたのです。

2003年

待望の発売

2003年3月、PFデラミ容器®を使用した医療用点眼薬の製造販売承認を取得し、9月に発売しました。

2005年

グッドパッケージング賞受賞

日本包装技術協会の開催する「グッドパッケージング賞」を受賞しました。

2013年

改良を加えながら10周年

より使いやすくなるように、フィルターの材質変更や、フィルターサイズ変更等改良を加え、PFデラミ容器®は発売から10周年を迎えました。

未来へ向けて

そして更なる改良へ

私たちは、これまで携わってきた先輩社員の意思を継ぎ、PFデラミ容器®のさらなる改良のため研究開発を継続しています。

当時を知る開発担当者の秘話

「あたらしいことを進めるにあたり、不安はありましたか?
あればどのような不安でしたか?」
「不安は全くありませんでした。より良いものであれば、必ず受け入れられると思っていました」
「どのような苦労がありましたか?」
「空気穴を、どこに配置するかが一番苦労しました。当初、ボトルの首のところに配置したが思ったより出が悪かったのです」
「一番心に残っている言葉は?」
「容器メーカーの方に「容器の側面に空気穴をつけたい」とお願いした時に言われた「容器メーカーは、容器の側面に穴をあける発想はしない」という言葉です」
「PFデラミ容器®が完成した時の気持ちは?」
「まだまだ開発途中であり、完成したとは思っていない。
‘点眼するのに力が必要’という問題が残っていましたが、「目にやさしい点眼薬だから、まずは市場に提供することが大事」という考えから発売に踏み切りました」

PF点眼薬の使い方